ITSME

ちょいユル オヤジ

Archive [2003年12月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

帰国

税金の還付やらあるので早めに空港へ。地方の小空港と言った趣のニュルンベルグ空港は小奇麗な空港である。税関の愛想ない態度には辟易とさせられたが、アメリカのおばちゃんがぶつくさ文句言っているので(「だって、お店の人はドイツ語しかしゃべんないし、英語でどうやって説明すんのよ!」)可笑しく少し吹き出してしまうと、おばちゃんに「ちょっと、あんた何で笑ってるの!」と突っ込まれてしまい。謝るとニコリと微笑んでく...

お土産お土産お土産

ガス(ディーゼル)が0に近づいていく、空港に近づくまでランプが点かないといいなと思いながら車を走らせる。が、残念ながらまだ何十キロも手前でエンプティライトが点った。さて、ガソリンスタンドのあるサービスエリアがあとどれだけ車を走らせたらあるかの記憶が定かではないし、日本の様にこれでもかの案内表示があるわけでもない。ともかく何らかの案内があったらすぐに決断すべきだし、しばらく無ければ最寄の出口から降り...

ドイツの田舎町でトンカツ?

明け方窓を叩く雨の音で目覚める。が外はまだ真っ暗なのでもう一眠りする。もう一度起きた時窓外を確認すると雪混じりの雨だったようである。昨晩同じ失敗(時間ロス)をしないようにとネットにアクセスし、次のホテルのロケーションを細かくチェックすると、レーゲンスブルグのホテルもどうやら市街地から離れているようだ。ただ、アウトバーンの出口からは程近く便利そうなロケーションである。一通り考え、今日はまずレーゲンス...

チェコ、オーストリア国境、、そしてモーテル??

ミュンヘンからはそれなりに距離があるのと、一般道をかなり走ることになること、パッサウの市街図がガイドブックにもないことなどから、真面目に一路パッサウを目指す。景色は変わり映えしない。パッサウにはほぼ予定したとおりに到着したのだが、なんだかそれらしい通りの名前が一向に見えてこない。最初に迷い込んだ駅構内にあった書店を目指し車を戻す。するとどうも今回の旅初めてホテルは「外れ」の予感。観光地である市街か...

GO BAYERN!?

試合開始が何と!夜8時45分なので、昼間まるまる時間がある。アルテ、ノイエ、モダンの3つの美術館(ピナコテーク)をじっくり(へとへと)と回る。3館共通で12ユーロだからお手ごろである。ノイエ(19世紀以降)では英語のヘッドフォンを借りてみる。これが中々に便利な代物であった。次回(いつ?)も是非利用してみようと思う。美術館内のカフェで昼食。ブラブラとメインストリートに戻り、化粧品屋などを覗きなんとか...

ロマンチック(?)街道-後編 そしてミュンヘンへ

さて、本日は昨日までの失敗を繰り返さないように明るい時間に目的地に辿りつく様に心がける。ビュルツブルグをロマンチック街道の出発点とするならば、本日向かうのは終点、オーストリア、スイスに近いフュッセンである。今日はアウトバーンではなく一般の自動車専用道路である。これがロマンチック街道である。緑多い季節であればまた格別であろう景色が広がる。昨晩の冷え込みから霧氷(それとも雪か?)がついた木々、一面霜が...

ロマンチック(?)街道-前編

これまたモダンなレストランで窓から見える中世の景色を眺めながら朝食を戴きいざロマンチック街道へ。アウトバーン手前で給油にチャレンジ。給油口の開け方が分からず苦労する。給油自体は日本と一緒。カード支払いの選択が機械にはないので、レジで申告し支払う。一路北の出発点ヴュルツブルグを目指す。アウトバーンには大分慣れたが、よくよくメータを見れば一番右の走行車線で130~140キロである。これが巡航速度で、1...

アウトバーン

ハーツ空港営業所を目指す。Sバーンに乗る。因みにトラムはUバーンと呼ばれる。朝早い為私一人の為の受付、非常にスムーズである。間際まで連絡を取り合ったスノータイヤはしっかり履いていた。ベンツのAクラス、ディーゼルである。一通り車をチェックし、ゆっくりと走り出す。ブレーキが堅く違和感があるが、慣れるだろう。空港を出るとすぐにウルムと表示が出る、アウトバーンA8だ。流れに乗ることを心がけ一番右の走行車線...

今日の日は高原(「こうげん」ではない!)の為にある

やはり少し風邪気味か、喉に痛みがある。飛行機の中では水を一杯意識して飲んだのだが、ダメだったなぁ。乾燥してるからなぁ。朝食付きだが、「豪華(過ぎる?)な」ビュッフェスタイルだ。朝はたらふく食べていいというから、遠慮無く食べる。風邪気味なので、普段は余り口にしないフルーツを多めに食べる。だが、野菜が見当たらない。。。取り敢えず、参考にするものはガイドブックなり。お勧めコースに従って歩き始める。曇天、...

ルフトハンザの機材は意外にしょぼかった

期待がそこそこ大きかった為少しがっかりしたのが、ルフトハンザの機材。座席はサッカーのベンチでも使用されているレカロに統一され、デザイン、座り心地共に好いのだけれど、以前の記憶が間違っていたのか座席は意外に狭く、TV画面も個別ではなかった。それ以外はサービスもフレンドリーだし、食事もまずまず(おやつのタラコにぎりは結構いけた)。途中少し頭痛がして、喉のへんが嫌な感じ。。フランクフルト空港。これは以前...

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。