ITSME

ちょいユル オヤジ

Archive [2006年06月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

エクアドルvsコスタリカ

エクアドルいいチームだね。スアレス監督も。ホームが高地だからだけでブラジル、アルゼンチンから勝利を挙げたわけではなさそうです。ゲームをコントロールする術に長けています。パニックに陥らないということですね、守備だけではなくて攻撃の場面でも。攻め込んだ時、中途半端なボールの奪われ方をしません。シュート(あわよくばゴール)を一連のアクションのピリオドにと意思統一されています。それも拙速には進めません。ク...

CAFEきょうぶんかん

正直ブログに公開しようかどうしようか迷いました。だってね、結構雰囲気のいいお店なんですよ。名前からお察しの通り?銀座にある「本の教文館」4Fにお店はあります。とても落ち着けます。コーヒーも美味しいです。今週月曜夕刻、約束まで時間があったので、本を購入してから立ち寄りました。読んでいたのは件の「オシムの言葉」。本にのめり込んでしまったこともあり、約束の打ち合わせには行かずに読み続けたかったくらい。...

カトキチ(加ト吉)を応援しよう(^-^;;

実は細々と株投資ってモンをしてるんですが、昨日写真の「たきたてご飯」12食(1,500円相当)が株主優待で届きました。元はと言えばカトキチのうどんが好きで株主になった次第なので、結構嬉しいです。ま、株のセンスは無いんでしょうね。他は連戦連敗っす。...

ブラジルvsガーナ

ガーナは勇敢だった。でもしたたかではなかったのかも知れない。前半から物凄い運動量と積極性を見せて、ブラジルを自陣に押し込んだ。ブラジルをあそこまで押し込めるチームはそうそうはないだろう。でもカウンターを避けるためにブラジルが採った戦術だとしたら。真実は誰にも分からない。エッシェンを出場停止で欠いていた。とても残念なことだったが、エッシェンがいたとしても勝利はもぎ取れなかったかも知れない。攻撃陣が脚...

イングランドvsトリニダード・トバコ

イングランドが圧倒するかと思われた試合。試合を支配するものの、守りを固めるトリニダード・トバコを崩せない。少ないながらも効果的にカウンター攻撃も仕掛ける。中米の国なのに?とても粘り強い。ヨークがチームを支える。日本も格上ブラジルには戦い方もかくやと思った。決めたのは後半終了間際やはりベッカムの右足から「ガリンチョ」クラウチのヘッド。...

オシムの言葉

急遽「オシムの言葉」購入。読み始めた。想像以上に大変な(偉大な)人物である。この人材を日本サッカー協会は絶対逃してはならない。その思いがますます強くなった。さて、イタリアvsオーストラリア「知将策に溺れる」だったのかな。後半ロスタイム、グロッソのバイタルエリアへの進入&PKは想定外だったのだろう。恐らくは、延長で次々に攻撃的なカードを切っての勝利を描いていたのでは。イタリアにとっては悪夢の再現にな...

オシムはいいぞ!

ジュビロサポーターの観点からの意見。まず、川淵狸の自作自演でないことを願う。そして、オシムがこれで気分を損ねた、、なんてことのないように。ジュビロの戦力(というか智力..)低下もあるが、オシムが監督になってからジェフには殆ど勝てない。悔しいけれど、客観的に彼の監督としての能力を証明するには一番良い比較例ではないかと思う。ジュビロのチームとしてのそれまでの実績からも。昨年、ジェフの主力であった村井、茶...

ドイツW杯続き

ドイツvsポーランド集中力が切れない非常に引き締まった試合。今まで見た中でも1,2を争う好ゲーム。「負けない」気持ちが前面に出ている。華麗なプレーは少なく、無骨なゲーム運びは両チーム似通ってはいる。全体的にはドイツが押し気味であり、チャンスも多い。ポーランドは残念だったが、結果は順当か。バラックの調子の良さが目立つ。この両チームの中では唯一のファンタジスタだ。ブラジルvsオーストラリアヒディンクの...

チュニジアvsサウジアラビア

順序の前後はあったものの、これで出場全32カ国全て見ることができました。このカード、実は絶対当たると思ってチケット応募した経緯あります。ミュンヘン・アリアンツ・シュタディオンだから、きっと大丈夫だろうと。何次抽選の時か忘れましたけど。でも、結果は落選でした。面白いゲームでしたね。細かいところのミスは目立ちましたけど。このカードでも(?)スタジアムには一杯人がいて、サッカーが根付いているんだなと思い...

ガーナvsアメリカ

ヨーロッパ風なチームサッカーの中にアフリカンな要素が、、、キングストン、いいGKだなぁ。アッピア、エッシェンは高いパフォーマンスを安定して出せるタイプ。次にエッシェンが出場停止なのは残念。...

スペインvsウクライナ

これもある意味番狂わせ?もっと接戦になるかと思った。早い段階で2-0になってしまったのが、ウクライナに立ち直りのチャンスを与えなかった。後半早々DF退場&PKによる3点目に決まり。シェフチェンコは前線に孤立。如何に凄いFWでもボールな来ないとね。ボールが来てビックリしてしまったFWがどこかに居たが、、、、...

ブラジルvsクロアチア

追っかけております。でも、離されるばかり。これから調子を上げていくんだろうと予想されるブラジル。妊娠中(?)のロナウドはダメダメだけど、攻撃陣は豪華だなぁ。でも、守備も堅い。っていうか、カバーリング凄すぎ。チームだよ!勝てないよ、日本。マトモに行ったらね。run:5.5km...

イタリアvsガーナ

録り溜め鋭意消化中。イタリア。従来の守ってカウンターのイメージ払拭!前線から追い込み攻める!守備は相変わらず堅い。っていいとこばっかじゃん。ガーナを見ているといつの日かアフリカのチームが優勝するんだという説も真実味を帯びてくる。イタリアはどこまで残るかな。決勝まで行くのかな。...

アメリカvsチェコ

アメリカvsチェコ順序は逆です。ガーナとの試合を先に観たわけですが、まるで違うチームですね。ヤン・コレルを失ったのは大きかったのかな。...

なんとも惜しい

たった今スポーツバーから帰宅したところ。勝てる試合でした。クロアチアサイドにしても同様でしょう。福西を代える意味はどこに?玉田がどうこう、ではないのですが、FWを代えるんだったらこのゲームは巻・大黒だったんじゃないですか。結局枠に飛ばしていたのはヒデだけだったのか知らん?柳沢の相手ゴール前決定的なシーンでのクリア(?)はショックでした。川口凄かったよぉ。ジュビロサポーターとして誇りに思う。でも、点...

初番狂わせ?

チェコvsガーナ愚直なまでに団結。そして、シュートがお間抜け。動きは敏捷。でも、守備の集中力は切れず、ニューアフリカ誕生か。次戦イタリア戦、サスペンションやら怪我やらで戦力ダウンのチェコは厳しくなったか。ネドベドが鍵を握る。...

若さが、、

フランスvsスイス因縁の対決。ヨーロッパ予選でも同じ組であり、2戦とも引き分けている。試合全体をコントロールするのはフランス。ジダンも4年前とは違い体調は良さそう。ゴール近くまでは行く。しかし、なんだかなぁ。フランスはベテランばかりなのだよ。スピードと俺が俺がの欠如が目立つ。...

定期健診

膀胱結石摘出手術後初めての定期健診に行った。初めは尿検査。なんと石が見当たらないとのこと。勿論、石が出来易い体質が一気に変わったとは到底思えないので、たまたまのことだろう。血液の反応もなし。そして、体重測定。減っていた!9.35kg(でもMシュナウザーの標準体重には程遠い)。体温測定、心音検査。心音検査では心雑音が少なくなっているとのこと。血管拡張剤も効いているのだろうが、素人考えで、やはり排尿の...

明日はスポーツバーで生?観戦

ポルトガルvsイラン同じアジア代表のイラン。粘り強く戦っていた。アジア予選でも見られない前線からのプレス、惜しみない運動量。しかし、デコの戻ったポルトガル、そのデコに見事なミドルシュートを決められてしまった。フェリペの試合運びは堅実だな。さて、ユニフォームも買ったし、準備オッケーだ。明日は盛り上がるぞ!!...

観戦をこなす

アンゴラvsポルトガル開始早々のゴールのみ、1-0で勝利したポルトガルだが、全体の印象としては攻め切れなかったポルトガル。遠慮してたのかい?アンゴラ。と言ったところ。デコが戻ってどうなるかポルトガル。このままだと大分キツイアンゴラでしょうな。アルゼンチンvsセルビアモンテネグロうーむ。強しアルゼンチン。ヨーロッパ予選1失点のセルビアモンテネグロをここまでチンチンにやっつけてしまうとは。特に2点目は...

活字中毒

活字中毒なのだと思う。軽度だと信じたいけれど。何度も書いてくどいのだが、ここ4週間のうち3週間を海外出張に費やした。なかなか日本に戻った僅かの時間でゆっくり書店にいることも叶わず、成田空港の書店に寄っては手近にある本を抱えてそのまま飛行機へ、のパターンであった。出張中そんなに読書に時間を充てられる筈もないので、手元にある本の量としては充分ではあった。量は重さに通じるので、出張中は結構重要である。幾...

チケット譲渡成功!

ドイツ在住の方から連絡があり、私がゲットしたチケットがスタジアムで無事入手でき、観戦が叶ったとのことでした。ホッとしました。試合内容はともかく、、さて、追っかけ再生&生TV。メキシコvsイランイラン惜しかった。ポカが無ければ勝ち点1はゲットできたかも。でもポカがあるのがイランか。韓国vsトーゴトーゴのレッドカードは残念。韓国は勝ち点3に相応しいゲーム運びをしましたね。昨日以上に暑くて大変なコンディ...

ロナウジーニョを応援しよう!

日本戦以外のハナシだよ。ここはブラジルに連勝行って貰いましょう。そして、クロアチアはオーストラリアに勝って貰う。勿論、日本は残り2戦を2勝。これでスッキリ!これしかない!!ピッチ内は混乱していた。一杯一杯だった。こう言った場合こそピッチの外で冷静に見ることができる「頭脳」が活きるのだ。あればのハナシだが。。。。結果論(タラレバ)で話しても意味はないのは百も承知。...

ワールドカップ2006

昨晩のセルビアモンテネグロvsオランダ戦までは、週末ということもあって、順調にこなしています。ただ、それ以降メキシコvsイラン、アンゴラvsポルトガルは録画してあるものの、weekdayに突入したことから消化は難しくなりますね。こんな時にはハードディスクレコーダは心強いんですが、問題は観る側の気力&体力です。今晩の日本vsオーストラリアには敢えて触れず、これまでのTV観戦雑感です。ドイツvsコスタリカ裏を...

願いは通じた!、、が?W杯チケット-2

ネットは凄いな。さるサッカー好きMLにチケットゲットの情報を流したら、そのMLを読んでいる人(日本在住)からドイツ在住の友人に伝達され、私宛に連絡が入った。手続きは煩雑だけど、何とか譲ることが出来そう。無駄にならずに済みそうで何よりである。...

願いは通じた!、、が?W杯チケット

最後の悪あがきでconditional ticketに申し込んでいました。そして、今朝8時22分FIFA ticket centerからメールが、、当たりました! Match #12: Australia - Japan, Kaiserslautern, 12.06.2006 category 2 65.00EURしかぁし、どうにもならんね。今日中に日本を発たねばならぬ!!そして調べてみたが、夕方の便(フランクフルト行)がキャンセル待ちの状態。さるMLに流してみたが、買いたいという反応は今のところ無し。そして...

旧友と再会 in Singapore

これを今帰国便を待つチャンギ空港で書いている。本日急な呼びかけにも関わらず、旧友二人と再会する機会を得た。一人は以前ブログにも書いた政府系銀行のシンガポール駐在で、もう一人はこの2月からやはりシンガポールに赴任することになった日本企業の営業マンである。二人とも同じ高校の同級生だが、面識はなかったようで、これをきっかけに親交を深めて貰えば幸いである。漸く怒涛の4週間も終わった。書きつくせないいろいろ...

今日は雨

インドバンガロールもそろそろモンスーンの季節だと言っていたが、当地シンガポールも雨期なのかな?と思って聞いたところ、そうでもないらしい。今朝は昨日とは違うカフェに足を運んだ。同じ交差点の違う角に位置する店である。マフィンは断然こちらの店の方が美味しかったですね。水を取りに行っている僅かの隙にムクドリがやってきて、マフィンをついばんでおりました。これがその犯人。泊まっているホテル。八角形のタワーです...

Pepper Lunch

こんなことってあるんだろうか、、あるんだね。実は昨晩ホテルにチェックイン後、お腹が空いていたのでホテル前の地下道を通りISETAN側へ、すると地下にあるお店からいい匂いが。誘われるままに入店。列を作って並んでる。当然ボクも並んだ。暫く気づかなかったのが店員の掛け声が全て日本語(?)だったこと。「いらっしゃいまし~(?)」「ありがとご★Щ㊥☆ましたぁ」ヤワラカロインステーキなるモノを食しましたが、日本にある...

怒涛の4週間最終週in Singapore

さて、いよいよクライマックス!?今週を乗り切れば少なくとも暫く(?)日本に腰を落ち着けられます。ホテル向かいISETANが入っているビルのカフェで朝食。5.2 S$その交差点。Orchard RoadMaster Cardが設置したFIFA World Cupのブース。run:5.2km...

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。