ITSME

ちょいユル オヤジ

Archive [2009年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

A Symphony of Lights

本日、恐らく、無事、、勿体ぶってるわけではないんですが、結果が分かるのは少し先なもので、、、「日本人初!」となる某資格取得の為のコースを修了致しました。足掛け3年以上掛かってますかね。想像していたよりも早く終わったので、街をぶらつきました。泊まっているのは灣仔(Wan Chai)。香港島です。ホテルの部屋から見える対岸の九龍に行きました。紅磡(Hung Hom)。九龍城は私が実物を目にすることないまま無くなって...

香港 - その2

香港(というか中国)名物!と言っていいだろう竹製の建築足場。もはやゲージツ的と言って良いレベル?...

香港 - その1

今日午後早い時間到着便で香港にやってきた。先般マカオから移動して来た時以来であり、ほぼ半年振りである。そんなに経っちゃんだろうか??という位である。カッチャが具合が悪くなって亡くなった一週間後あたりまでの時間経過は長かったのになぁ。。。日曜に帰国予定なのだけれど、今のところ今日の午後以外自由な時間があるかどうかは分からない。ということで町中を少し撮ってみようとと思った。さて、のっけの写真がこれかよ...

海外発、初!

大変蒸し暑い香港です。今まであちらこちらと(ほとんど仕事ですが)海外に参りました。今となってはどうしようもないことですが、世界各地のマンホールは日本のとは違うんでしょうか。興味あります。当地「香港」のマンホールです。少ないながらも丸タイプもありましたが、この四角いのが圧倒的です。...

一泊二日旅の締め括り

13年以上振りの二人旅でした。先に書きましたが、今回私のアタマには岸和田だんじり祭のことしかありませんでしたので、今日(21日)の予定は白紙でした。急ぐ旅でもなく、幸い天気にも恵まれた。京都でもぶらついて帰ろうかと言うと、カミサンがパワースポットとして名高い下鴨神社(賀茂御祖神社)に行こうと言う。阪急百貨店でウィンドウショッピングをして、淀屋橋から出町柳まで京阪特急に乗る。「糺の森」の彼岸花。神社...

中之島散歩

カッチャが亡くなってからも毎朝欠かさず散歩をしている。ここ旅先の大阪でも少し重い体をほぐす様に歩く。ホテルの脇は堂島川だ。四ツ橋筋の橋を渡れば中之島。今日も爽やかな天候なので散歩にはもってこい。路上生活者、朝の散歩をする人、朝のランニングの人それぞれの朝。木漏れ日はまんべんなく歩道に降り注ぐ。ここには写っていないけれど、堂島川では川鵜が食事を採っているのも見かけた。ここ中之島には歴史のある建物も立...

岸和田だんじり祭 - 3

紅白の鉢巻きの取り合わせ。他にも青あり。やりまわし(連続写真)日暮れも近く光量が足りない。目の前を通り過ぎる地車のスピードを捉え切れないが、却ってそのスピードの程が分かる!?おまけ(その1)。一本漬け屋のおっちゃん。写真撮ってる時はカメラ目線には気付かなかった(^-^;;; 1本200まんえん。さて、おまけ?その2である。この岸和田だんじり祭。夜の部もあるのだ。しかし、一向に人の知る所にならない。でも、...

岸和田だんじり祭 - 2

さて、岸和田だんじり祭の見所は地車の曳き回し、特に角を速度を上げながら一気に曲がる「やりまわし」である。思いつきで旅に出たので、一番盛り上がる箇所「カンカン場」に設置された公設観覧席には入ることが出来なかったが、カミサンが上手いこと私設の観覧席を見つけてくれた。一本漬け(キュウリ1本まるごと浅漬けにし、冷やしたものに串を刺したもの)を手にビールを飲んで観覧。至福の時である。昼もしっかりお好み焼き、...

岸和田だんじり祭 - 1

カッチャに触発されたのだけれど、祭りの雰囲気、音、動き、それぞれが五感以上の何かに訴える力に溢れていることに気付いた。なにより理屈抜きに楽しい!勿論、参加するに越したことはないのだが、観ていても十二分に楽しめるのだ。そして、被写体としても美しいので、特に私の根っこにある屋台、山車(だし)、地車(だんじり)、曳山(ひきやま)の祭りを中心に追いかけてみたいと思った。皮切りは全国的にも有名な岸和田だんじ...

マンホール3題

みなさん、お久です。以下マンホールを3つ。詳報は追ってお届け!岸和田市(大阪) - 岸和田城ですね大阪市 - こちらは天下の大阪城京都市 - 意外に特徴ありませんですそろそろ「マンホール」というカテゴリーを作った方がいいかも知れん。。...

楽しい思い出

昨日3時過ぎ無事荼毘に付し、見送ることが出来ました。常日頃は形式ばったことが大嫌いな私ですが、こういった儀式が如何に生き続ける者にとって必要なのかが分かりました。さて、カッチャのことをまとめて記すのも今回を限りとします。あと少しだけお付き合いください。勿論、意識して今後は全く触れないつもり、という訳ではございません。殆ど自分の為にだけ記す事柄ですから、実際すっ飛ばしていただくのがよろしいかと思いま...

永のお別れ

本日19時過ぎ、カッチャは旅立っていきました。本日は午後になると意識もほぼ無い状態となり、水もとれなくなりましたのでその時は遠くないのだと知らされました。それが直接の負担になったのかも知れませんが、陽射しは強いものの風は爽やかでしたから、大好きなドライブに連れ出すことに決めていました。とても心地よい風の吹き渡る中、木陰で3時半過ぎまで2時間強本牧山頂公園で過ごしました。いつだったかカミサンが犬の言...

夜の散歩

散歩が大好きだったカッチャ。毎日朝晩合わせて最低2時間は歩き続けた13年間だった。もう今日辺りは意識も朦朧、立とうとしても膝が折れてしまってくたくた。食事も摂れないから無理も無い。それが夜どうしたことか、立ち上がって玄関に向かう。比較的力強い足取り。ここ10日間位そうだった様に用を足したらUターンするのかな、と思いきや前へ前へと歩みを進める。もうとっくにそんな体力はない筈なのに、である。坂道とか階...

一瞬に生きる

人は過去に生きることはできない。過去の思い出に浸って今を生きることはできないのだ。人は未来に生きることはできない。未来の希望に胸膨らませるだけでは生きられない。人は一瞬に生きる。この文章を打っている瞬間にのみ生きているのだ。0コンマ何秒前の文章は既に過去のもので、これを書いているのも正確には今の私ではない。今はとても辛い。昨日からまた食べる事が出来なくなってしまい、水を飲ませるのも、用を足すのも介...

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。