ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人の日考 - がっかりな新聞

昨日下書いた(という日本語があるかどうかは不明)まま放置していたのでupload

活字離れ、とか既存メディア離れ、とか話題になって久しいですね。ブログに書いたか覚えはないんですが、つぶやいたのは覚えているんですが、長らく購読してきた(本当にいつから購読し始めたかも覚えていない位)朝日新聞の購読をこの1月で止めました。カミサンもチラシを必要としないとのことで、踏ん切りがつきました。現在は日経新聞一紙を購読しています。私は若い頃新聞記者になることを夢見ていました。ボタンの掛け違いもあってそれは叶わぬこととなりましたが、それ位新聞というメディアには惚れていたのです。ある種盲目的ではありましたけれど。
多くの方と同様にインターネットの登場がきっかけではありました。よくも横並び!と思っていた日本の新聞各紙ですが、産経は滑稽な位に独自の色を出していました。そしてツイッターが決定的でした。新聞社の傲慢なフィルターにより、如何に多くの情報が葬り去られていたかが明るみに出されました。
新聞は速度という面ではとうの昔に優位性を失っていました。ただ、時間を掛けて記事に出来ることから良識の府としての役割があるのだと思っていました。速報性という意味でもTVは既にトップの座にはいません。玉石混交でひとりひとりに判断が委ねられるものの、生き生きとしたニュースは現在ネットの世界にこそ存在します。

そこで以下の記事に書かれている「成人の日」に際しての各紙「社説」です。日経以外はその当事者意識の薄さに衝撃さえ覚えます。記者と新成人となった若者との根本的な違いはないのです。あるのは成人になったタイミングとそれに起因する経験などの事柄だけです。ここまで距離を置いてしまうと言葉は届かない、相手の胸には響かない、ということに活字メディアの総本山自らが意識していないことは絶望的ですね。それも分かった上でとしたら、、いや考えにくいですね。

成人の日の社説がウザい件

*Comment

それでも読み続ける理由 

新聞が止められないのは、投稿欄が実は好きなんです。ネットで意見は山ほど読めるじゃないか・・と言えばそうなんですけど。

でも、日経が一番まともな社説&スポーツコメント載せているのは確かですね。
  • posted by ぼちぼち 
  • URL 
  • 2011.01/12 21:45分 
  • [Edit]

日経はマトモ! 

それも、スポーツ欄は特にそうですね。武智さんとか。。
投稿欄ですか、、、実は読んだことない(^-^;;;;;;;;;
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2011.01/13 17:38分 
  • [Edit]

世間知らず 

10年以上も前に、新聞もTV見るのをやめました。
競馬情報が欲しくて、スポーツ誌は取ってますが・・・(笑)
やめた頃は世間についていけませんでしたが、最近じゃネットで情報入るし十分だと思ってます。
余分な意見も見ることもないですし。
  • posted by JML 
  • URL 
  • 2011.01/16 19:51分 
  • [Edit]

世間知り 

JMLさんは世間知りっすよ。新聞見ない、TV見ない、が世間知らずを意味しないですね。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2011.01/16 23:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/1115-f8848076

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。