ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度目の転機か、というお話

本題である。爽やかな日本代表の勝利を録画しておいたビデオで観戦し、それはそれは爽快な気分である。



かれこれ4ヶ月の道のりだった。ブログ更新頻度はこれまでなかったほど大幅に低下した。取りかかっている仕事が大事な局面にあったこともある。外部で関わる団体の仕事もなにやら煩わしい状態にもあった。そして、以下に述べる様な話である。ブログもそうだが、ツイート数も激減していた。



-----



私自身、「仕事人生」の集大成の時期(年齢)に入ろうとしている今、ひょっとして人生のハイライトか?と思う事象が続いている。

事の始まりは時代を反映しているかな。「LinkedIn」経由で香港のagentからコンタクトがあったのが今年の3月(正確には31日)のことである。

「ある」大きな銀行の日本と韓国のportfolioを面倒見ないか(私の専門分野においてである)、というもの。最初は放っておいた。すると4月13日、仕事で付き合いのある日本在住の外人から同じ話が持ちかけられた。誰かいないかと問われて、私のことを思いついたというのだ。話だけでも聞いてみようとこの時点でagentに返事をした。

1年強前に入った会社の経営姿勢に疑問をはっきりと感じ始めていた頃のことである。「変化」と言うモノは得てして起こるべくして起こるのだ。起こすべくして起こしているとも言える。

CVを送ったり、電話で話したりした後、interviewのプロセスが始まった。これが長い道のりであった。本日時点まで都合7回のinterviewが行われた。もう二か月になろうとしている。形式は様々。face-to-face、電話、ビデオ会議である。それもその全てに日本人が一人もいない。当然全て英語である。global企業では当たり前のことだが、人種は様々だ。そして、会う人のレベル(ポジション)もこれまた様々である。ポジションについては、最初の話とは少し異なり、韓国はなく日本のみの責任者となるというもの。7名から絞り込んだ3名で最終面接になったのだそうだ。

すると5月5日別なagent(日本にいるガイジン)からやはりLinkedIn経由でコンタクトがあった。こちらはIT企業で先のケースと同様のポジション(日本における担当部門の責任者)である。同時に二つを走らせるのもな、とも思い。その様なニュアンスで話すと、会って話を聞くことで何も不都合、不利益は私に起きないのだからと強く圧されて一歩こちらも踏み出してしまった(^-^;;hiring managerと電話で話すところから始まった。こちらのケースは書類やらも含めて選考を重ねていたらしく、ほぼ1カ月たったころ丸一日を費やす6つのinterviewが設定された。結局こっちも数では計7回だ。なんかの偶然のめぐりあわせだな。こちらには日本人が2人程混じったがinterview形式は先のケースと同じで3つの手法が取られた。こちらは40名を超える書類審査、電話インタビューなどから最終面接は4人に絞ったと言っていた。

でもね、自分で自分を褒めてあげたくなる。2つのケース共に最終面接の段階に来ている。そしてほとんどが英語でinterviewが取り行われた。海外居住経験ゼロの自分がこれらをクリアして来たことをである。

余談(?)になるが、もう1社からもagentを介して声が掛った。大手TVショッピング会社だ。極端な話幾らでも出す!という。聞くだに怪しい(^-^;;そして、勤務地が自宅からはとーーっても遠い。そのポジションならば自動車通勤も可とのことだが、こちらは丁重にお断りした。

ここまでが6月末までのお話。


-----


後日談である。結局大手IT企業からreference checkの後、オファーが出た。オファー前、貴方を採用することになりましたが、最後に本社大ボスと簡単な顔合わせを設定したいと言われ、ビデオ会議に向かった(こちらの会社では最先端のテレプレゼンスを使用)。すると、顔合わせなどではなく、とどのつまり8回目の面接であった。。。。先方はそうじゃないと言ってますけどね。もうね、ここ数カ月で一生分の面接やったって感じですね。

昨今私が大好きなサッカーの日本人選手が海外のクラブからオファーを得てどんどん海を渡っている。金額の多寡にはだいぶ開きはあるけれど、ビジネスフィールドでもヘッドハンティング(引き抜き)は以前からあるし、根底に流れる思想はサッカーのそれと同じだ。評価をし「取りたい!」と思った会社(クラブ)がオファーをする。オファーを受けるかどうかは個人の判断である。なぜなら、その人の手の中にこそ、その人の人生はあるのだから。だから、このテクノロジー会社からの最初のofferにも注文をつけさせて戴いた。結果、8月8日に最終オファーとなり、合意に至った。

僕の人生は、誰のものでもない、僕の人生なのだ。

*Comment

なんだか 

すごいお話なんでしょうね。
最近ずっとほぼ沈黙だったのはこのことゆえだったのですかとちょっと納得。まぁ、ほぼなしのつぶて状態で、何かわたくしやらかしちゃったのかしらと心配しておりましたが、そうではなかったんだよね?ね?

もしかして、ヒルズとかに住んじゃうのかな? 
今度またゆっくりお話が聞きたいです。
いやじゃなければ。
  • posted by もち 
  • URL 
  • 2011.08/12 23:47分 
  • [Edit]

ええっ? 

そこまで大げさに書いたつもりは無いのだけれど。。
ヒルズに住むとかのレベルぢゃないっすよ。ご安心を?!
勿論、今度お会いしたときにはお話しますよん。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2011.08/13 00:19分 
  • [Edit]

ほんとだ! 大きな転機だ~ 

たくさんオファーがあってどれかわからなくなっちゃいました。ITの会社?で日本勤務、で合ってますよね:)
またお話聞かせてくださ~い!

そかそか、それで忙しかったのかあ!
  • posted by 石川れ 
  • URL 
  • 2011.08/13 01:01分 
  • [Edit]

驚きすぎて忘れていたけれど 

いろいろお忙しかったことでしょう。Interview、しかも英語でということで、プレッシャーも相当なことだったでしょうね。それが一段落しての東北旅行だったのでしょうか?

お疲れ様でした。
ますますお忙しくなるのでしょうが、時間見つけてまた遊んでねb
  • posted by もち 
  • URL 
  • 2011.08/13 10:10分 
  • [Edit]

重なるときは重なるもので 

この一連のinterviewもそうですが、丁度忙しかったんですねぇ。interviewはね、不思議なくらい緊張しないんですよ、昔から。例え英語でも自分の専門分野の質問がメインですから、そこはね。

通勤は今に比べるとカナーリ楽になるです!
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2011.08/13 16:30分 
  • [Edit]

むむっ(その2) 

しばらく更新がなかったので、ちょっとだけ心配してました。
忙しかったんですね、つーか、なんだかすげ~。
そろそろ自分もセカンドキャリアを考えなきゃと思うけど、この景気だとなかなか踏み出せないでいます。
  • posted by JML 
  • URL 
  • 2011.08/15 08:35分 
  • [Edit]

心配掛けちゃいましたか? 

今読み返すと、大げさっすね(^-^;;;
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2011.08/15 13:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/1162-a41f9cea

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。