ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜市 - 恒川光太郎

yoichi_.jpg



「風の古道」と2作収められている。第12回日本ホラー大賞受賞作だそうだ。分類でいうとホラーなんだろう。もし叙情的なホラーと言うものが存在するならば、その様に呼びたいものだ。スピード感溢れるホラー小説好きな向きには戸惑いと物足りなさを感じるかも知れない。

夜市。あちらやそちらとこちらの世界の接点に、ある夜忽然と現れる「なんでも」売られている市が舞台。当然この世のモノである筈もない。
裕司に誘われ、断りきれないまま市に迷い込むことになる主人公いづみ。裕司がそもそも何故夜市の存在を知り、訪れることになったのか、そうしなくてはならなかったのかが、ゆっくりと明かされていく。そして、、

風の古道では作者自身が物語の最後で、「成長の物語ではない」と規定しているが、やはり若者の成長の軌跡を描いたものだと読めてしまう。千と千尋の、、、の様な映画にはなりそうである。映像的には夜市にはない明るさと天然色が見て取れ、とても良さそうだ。古道とは、普通の人間が足を踏み入れることの出来ない、別次元にある道のこと。この世と接しているのだが、行き来はできない。主人公が親とはぐれ、見ず知らずのおばさんに近道だと教えてもらったことから物語は展開する。その時は自宅付近で、「古道の綻び」を見つけたために無事家に辿り着くのだが、、

*Comment

ホラー好きとしては 

見逃せません。先日、DVDでアザーズを見ましたが、なかなかよかった。こちらも叙情的ゴシックホラー。

要チェックですねb
  • posted by もち 
  • URL 
  • 2006.09/24 14:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/344-9e71ea7a

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。