ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモス祭

明日、明後日の2日間、玉川大学でコスモス祭が開かれる。今日はお花のお師匠さんからの依頼で、そのコスモス祭展示用フラワーデザインの手伝いに出掛けた。
お花(フラワーデザイン)は数年前に「卒業」してしまったのだが、今回は大作を仕上げるとのことで弟子にお呼びが掛かった次第。鋏を持つのも数年振りである。そもそも先生が玉川大学の公開講座でお花を教えている関係で、このイベントにかなり前から出展していたのは知っていたのだが、玉川学園に来たのは初めてだ。電車で脇を通ったことは数知れないけれど、広々としたキャンパスの雰囲気が良いのには驚いた。設備も素晴らしいし、教授、職員、生徒も皆感じの良い方ばかりである。

こちらは師匠が普段公開講座を開いている教室。可愛い建物である。

IMGP1740.jpg


生徒さんの作品を際立たせる為のお花を生ける。花くばりの上にダリア、ガーベラ、デルフィニューム、カラー、トルコキキョウなどを生けて行く。バックなどは先生が先日お花を生けに訪問したギリシャの白い家がモチーフである。

IMGP1736.jpg


白樺メインのオブジェ。

IMGP1741.jpg


朝9時前からここまででお昼である。

さぁて、ここから講堂(コンサートホールですな!)のエントランスホールを飾る巨大なフラワーデザインに掛かる。農学部助教授&生徒達のお陰で7m近い竹を18本用意戴いた。長さを縮めたり、立て方を工夫して何とかデザインの土台を作る。実際ここまでが本当に大変だった。そして、蔓を絡めサンキライをちりばめ、高さを出す。なんといってもホールが高さのある構造なので、こちらも高さがないとバランスしないのである。

空中を制御し、いざ生け込み。四季をイメージしアレンジを作っていく。

IMGP1742.jpg


制限時間一杯の5時半が徐々に近づき、写真が暗いのが残念である。

IMGP1745.jpg


IMGP1747.jpg


IMGP1748.jpg


IMGP1749.jpg


IMGP1756.jpg


久し振りのアレンジは楽しかったな。

*Comment

なぬ? 初耳だ~  

izmyさん、いろんなご趣味をお持ちだったのね!
知りませんでした。
フラワーアレンジメントや生け花って楽しそうだけど、結構奥深いものなんでしょうね?
お金もかかりそうだし‥‥

自分の納得できるアレンジ完成まで、相当時間がかかりそうな気がします。今度いろはの「い」くらいはご伝授ください。
よろしくお願いいたします!
  • posted by Architect 
  • URL 
  • 2006.11/04 13:38分 
  • [Edit]

みんな引き出しがいっぱいあるなー 

って、つくづく思います。だから、一緒に話をしていてもいっつもおもしろいんだろうね。

それにしても、izmy君とフラワーアレンジメント・・・

ふむ。

やぱーり、この目で見るまで信じられないかもーw
  • posted by もち 
  • URL 
  • 2006.11/04 14:03分 
  • [Edit]

イメージ合わない、、かな? 

だから言わなかったのよん、ってのは冗談です。今迄はそういう話の流れにならなかったんだねタマタマ。
一応、お免状は戴いているのです。人に教えたことないけど。。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2006.11/04 16:53分 
  • [Edit]

コスモスは...? 

izmyさんがフラワーアレンジメント...ですか...(*o*)
ごめんなさい...アレンジしている姿を想像できませんm(_ _)m
でも5時間半の作業とは恐れ入ります。今度は、某TVチャンピオンに出て腕前を披露して下さい。
ところで、コスモス祭りにちなんで、コスモスは生けたんですか?
  • posted by ejichi 
  • URL 
  • 2006.11/05 10:05分 
  • [Edit]

はい。 

本当に一部ではありますが、生けました。コスモスの様なステムの長く、細いものは生けづらく、またアレンジも難しいのです。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2006.11/05 10:35分 
  • [Edit]

省吾さんに見えてきました・・ 

残念ながら(私にとっては)仮屋崎さんの方ですけど。
こういう大きな造型は男性的ですよね。繊細さも必要ですけど、ワイルドだと思います。

実は私も独身時代に浜松でM美さんと一緒にお花習っていましたよ~。植物触っていると楽しいですよね。
  • posted by ぼちぼち 
  • URL 
  • 2006.11/05 17:32分 
  • [Edit]

きっと 

そういうツッコミが入ると思ってました>ぼちぼちさん。
でも生憎私の習ったのは英国流フラワーアレンジ(ですから、ブーケはボケーと呼びます)。華道ではございませぬ。ま、假屋崎省吾氏の生け花は嫌いではございませんが。フラワーアレンジの世界でも、大作を仕上げる機会がよくあるので、女性のフラワーデザイナーでも男性的(?)な性格の方が多いようです。今回も当然師匠が全体構想の大枠を決め、詳細生け込みはその場で師匠が指示していくという流れでした。迷っていたらできませんね。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2006.11/05 18:45分 
  • [Edit]

izmyちゃんは 

やっぱしアーティストだったんですね。いろいろある中でフラワーアレンジメントというのは何かありそう。どんな世界なのだろう。フラワーアレンジメントとの出会いのエピソード、こんど聞かせてくださいね。
  • posted by レイコ 
  • URL 
  • 2006.11/12 02:34分 
  • [Edit]

アーティスト??(*^-^*) 

照れるぢゃないですかぁ、マジで。出会いも何もそんな大層なものはないのですよ。
でもね、真面目に打ち込んだ何年かがあったことはジジツです。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2006.11/12 21:43分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/356-ac747073

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。