ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立新美術館 - モネ展

さて、カミサンが買い物に行きたいと言うので、私は一緒に六本木ヒルズまで行き、無料バスで国立新美術館に移動、開催されている「大回顧展モネ」を鑑賞する。
言わずと知れた印象派の巨匠。大変な人出でした。
凡そ百点の展示はじっくり時間を掛けて見るに値するものでした。オルセーやシュトゥトガルトなどで出会った作品と再会するのは趣きのあること。この展覧会の実現に向けての苦労が忍ばれるのが、世界中の様々な所有者の協力で成り立っていること。お陰で、連作という企画も成立している。同じモチーフが異なった時間帯、季節などで描写が変わっていく様を一度に目にすることができるのは、ルーブルでの企画展でゴッホとミレーの対比を目にした時以来の新鮮な感動だった。これぞ「国立」美術館の面目躍如たる瞬間ではないか。

以前TVの特集番組を見て知ったのだが、晩年は目を患っていたモネ。その頃の作品は殆ど抽象派である。

1Fホール

29042007136.jpg

29042007137.jpg


六本木アートトライアングルの一角、森美術館の入る六本木ヒルズを遠く望む
29042007138.jpg


淡いグリーンのガラス外壁、日に映える樹木、抜ける青空(クリックすると少し大きめサイズになります)
29042007139.jpg


こちら遠くに望むのは、アートトライアングルのもう一角、サントリー美術館の入る、オープンしたてのミッドタウン
29042007140.jpg


外壁の曲線が美しい
29042007144.jpg

*Comment

ケヤキの緑 

新緑が映え、美しい映像ですね!
なかなかあのカメラ侮れません(笑)。

モネってそうだったんですか。目の疾患と抽象画の関係があったなんて、知識がひとつ増えました。
  • posted by Architect 
  • URL 
  • 2007.05/06 11:45分 
  • [Edit]

いえいえ(汗) 

目の疾患と抽象画に因果関係があるかどうかは分かりませんよ。
ノキアN73のカールツァイスは結構やってくれます。今下から3つ目の写真をMacのデスクトップにしてます。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2007.05/06 18:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/408-f520add7

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。