ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新釈走れメロス - 森見登美彦

M03322086-01.jpg


少し前に読了した短編集である。

映画や音楽の世界では余りに当たり前の「リメイク・リミックス」だが、現代文学の世界ではそれほど顕著な動向は見られない。書名の「走れメロス」他4篇(「山月記」「薮の中」「百物語」「桜の森の満開の下」)、世に言う「名作」を京都の大学を舞台に現代文学として蘇らせた?作品。

ちょっとやんちゃな視点からの笑いとペェソスを織り交ぜて、5つの掌編は登場人物が微妙に交差し、絡み合っていく。どれも読み物として楽しいのだが、通勤途中で切れ切れに読んでいく身には、隠された相関関係を見失わない様にと妙に緊張感があった。

「桜の森の満開の下(題材は坂口安吾の作品)」は「桜の木の下には死体が埋まっている(梶井基次郎)」を連想した。花は、、、、フローラ

*Comment

おもしろそう! 

読んでみまーす♪
  • posted by もち 
  • URL 
  • 2007.04/30 19:18分 
  • [Edit]

結構 

売れっ子作家の様ですね。
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2007.05/01 12:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/409-f5dda135

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。