ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界より - 貴志祐介

Shinsekaiyori.jpg


カミさん曰く、お弁当箱の様な本である。上下巻共立派なお弁当箱!

千年後の日本を描く。それをまたその千年後の同胞に託す、という形式で。

舞台は利根川近在、神栖66町。八丁標(はっちょうしめ)=注連縄で周囲50キロ四方を外界と隔てたエリアである。これは結界である。果たして、外界から町を守るのか、外界を守るのか、は本書を読んで確認戴きたい。

既に町の成り立ちからして、「現代」の基準に照らすと異常である。読み進むうちに、文明の利器の少なさにも驚く。逆に現代では超能力と言われる類の念力が、各人に生まれながら備わり、それを高めることが「学校」で学ぶことの大半なのだ。では、その能力を自由に使えるかというと、制約の多さは凄まじい。大変な能力を手に入れたにも関わらず、人間(?)は、社会(?)は「何か」に怯え、必死に「何か」から目を背けている。

常に人は周囲から監視され、八丁標から先に出向くことは基本的に許されない。「現代」に築き上げられた文明社会はどうなってしまったのだろう。現代に生きる我々のまず知りたいところだが、これは多くのSF小説とさほど違った結末ではない。

では、超能力を手にした人間が暮らす社会が何故に息苦しい程、人口が少ない小さな「町」に落ちぶれてしまったのだろう。異形の生物「バケネズミ」からは「神様」と呼ばれる存在なのに、である。

事件は、語り手である早季が通う学校の行事で、八丁標の外にグループ単位のキャンプに出掛けた時発生する。恐ろしい出来事の連続の、ほんの端緒でしかないのだ。だが、そこで、既に滅び去った過去の文明社会の記録に出会ったことで、彼女とそのグループの面々には次々に難題が降り掛かる。

人間は「神」になれるのか?人間が神に近づいた時、本当に人間らしい存在とは?人間の視点でしか所詮人間は物を捉えられない、ということを痛切に思い知らされる作品である。

*Comment

実は 

僕もこの本、注目本としてすでに上下買ってあります。まだWifeが読み終わってないので、次に読みます。
楽しみだなぁ~!!
でもじっくり時間をかけて読みたいんだが、なかなか時間が作れない。使い方がヘタなんでしょう。(笑)
  • posted by Architect 
  • URL 
  • 2008.02/28 22:06分 
  • [Edit]

楽しみですね! 

寡作の作家ですから、その分楽しませてくれないとねっ!!
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2008.02/28 22:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/514-7ebc75fa

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。