ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンチック(?)街道-前編

これまたモダンなレストランで窓から見える中世の景色を眺めながら朝食を戴きいざロマンチック街道へ。アウトバーン手前で給油にチャレンジ。給油口の開け方が分からず苦労する。給油自体は日本と一緒。カード支払いの選択が機械にはないので、レジで申告し支払う。一路北の出発点ヴュルツブルグを目指す。アウトバーンには大分慣れたが、よくよくメータを見れば一番右の走行車線で130
~140キロである。これが巡航速度で、120キロあたりだと追越を掛けられる。なので、同じようにする。朝方晴れていたのでこれは!と思ったが徐々に曇りがちに、A8でシュトゥットガルト方面に戻り、途中でA7へ。ひたすら北上。
それでもアウトバーンは時間が読める道路なのですね。どこかの国のバカ高い高速道路とは大違い。昼前にはヴュルツブルグに到着。しかーし!旧市街に入れずまたしても迷う。なんとかかんとかドアミラーを駐車中の車に接触させつつ(^-^;;旧市街へ。駐車場(パークハウス)に車を入れる。レジデンツを観覧し、アルテマイン橋から丘の上にある壮観なマリエンベルグ要塞を眺める。

IMGP0149.jpg


時間が惜しいのでパン屋?でパンを買いこみ次の目的地ローテンブルグに向かう。
ここは完全に観光地!諸外国の皆々様が大挙して訪れているようだ。日本人の今や珍しい?パックの一群を見かける。やはり少々奇異だね。店先に日本語の表示がちらほら見かけられ却って購買意欲が削がれる。街自体は確かに美しく、大げさに言えばおとぎの国にいるかのようだ。ここでもグリューバインを戴く。今日はここまでの予定ではあったが、アウグスブルグには簡単に戻れる筈と思い(コ
レが間違い)、戻る途中?にあるディンケルスビュールに向かう。3時を過ぎると薄暗くなり始めるので時間の感覚がどうもいけない。駐車場から街に歩き始めた頃既に寂しい感じで、おまけに遠回りをしてしまってここでも時間をロス。木組みで有名なドイチェハウスに辿りついた時には夕闇であった。駐車場への戻りも道を間違えて遂に夜道をアウグスブルクまで帰ることに。もーーーめちゃめち
ゃ疲れる戻りであった。これ以上迷った事はないというくらいウロウロのし通し。
どこをどう走ったのかも分からない状態で、何故か昨日と同じ下り口で下りるはめに。。お陰でホテルに何とか帰着したが、駐車スペースがなくガレージに入れる手間もありクリスマスマーケットでちょっと食事が出来ない時間(8時過ぎ)になってしまった。まだ開いていた店でケバブをテークアウトしホテルの部屋で食事。疲労困憊。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/65-76366cdc

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。