ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトバーン

ハーツ空港営業所を目指す。Sバーンに乗る。因みにトラムはUバーンと呼ばれる。朝早い為私一人の為の受付、非常にスムーズである。間際まで連絡を取り合ったスノータイヤはしっかり履いていた。ベンツのAクラス、ディーゼルである。
一通り車をチェックし、ゆっくりと走り出す。ブレーキが堅く違和感があるが、慣れるだろう。空港を出るとすぐにウルムと表示が出る、アウトバーンA8だ。
流れに乗ることを心がけ一番右の走行車線を走る。パーキングエリア、サービスエリアに寄りながらウルムを目指す。

IMGP0079.jpg


目指すと言っても結構あっという間に着いてしまう。渋滞がなく、流れがスムーズだから時間の計算も出来るわけである。
さて、最初に止まったパーキングエリアでBMWのおっさんが近づいてくる。ドイツ語でしゃべってくるので、分からんと言うと身振り手振りで説明し始める。
どうもバッテリーが上がったというのだ。レンタカーだから、よく分からんのだがと言いつつ車を近づけボンネットを開ける。だが、ヤツはケーブルを持ってないらしく、こちらも探しても見つからないので、申し訳無いがと手を振っておさらばする。
さて、ウルムである。ガイドブックの通りパーキングエリアに停める。だが、日曜だからか(?)チケットマシンが動いていない。どこにいるかも分かっていないため、取り敢えず車の場所だけ憶えて歩き始める。心配もすぐに杞憂に終わる。
小さな街である。大聖堂が目印の様に見えて来る。

IMGP0085.jpg


人々も駅の方角から続々と押し寄せる。大聖堂前はこれまたクリスマスマーケットである。大聖堂の塔に登ろうかと思ったので、ホットワインは後回し。正解であった、登ったこととホットワインを後回しにしたことである。二人すれ違うのがやっとの狭い螺旋階段を延々と登る(上るではなく)。

IMGP0103.jpg


息が上がる。ホットワインを呑んでたら余計にしんどくなっていたところだ。しばらく上ると景色の見える回廊に出る。ドナウ河、街並みなどをカメラに納めると、なんと目の前にまだ階段が。。

IMGP0102.jpg


とことん天辺近くまで行かせてくれるようである。膝の裏側がつりそうになりながらも一番の高みへ。非常に狭い回廊だ。一体何百年も昔にどんな風に石をここまで組上げたのだろうか。想像を絶する作業である。下りは楽である。狭い螺旋階段なので、目が回りそうなのだけが参ったけれど。
下りてからはお楽しみのソーセージ&ホットワインだ。腹ごしらえをして、マーケット内、市庁舎など街を散策。観光地らしいのだが日曜ということもあって、見事に?殆どの店は閉まっている。こじんまりとしたウルムも街は小さなせせらぎのある街で、なかなか可愛らしい街である。
さて、次は今日の目的地ロマンチック(?)街道巡りの拠点にしようと選んだアウグスブルグである。この街はウルムよりもかなり大きな街で、アウトバーンの出口でアウグスブルグ方面(アウグスブルグ西で下りたのだが)に出たものの、ずっと自動車専用道路を走らされる。しばらく走るとなんだか関係なさそうな名前ばかりでてくるので、引き返す。そして、次にアウグスブルグと表示が見えた
ところで出ると、寂しい(^-^;;ともかく方角だけを頼りに車を走らせる。ミシュランの道路地図にアウグスブルグの市街図が無いのが痛い。とにもかくにも街には入ったようなのだが、どこにいるのかが分からない。これまた勘を頼りに走ってみると街中(本当の)に到着!うろうろしたものの、ドームを発見しドームホテルの看板も発見。しかし、ドーム近くで大枠外しそうもないが、通りからは引
っ込んでいるし、決して分かりやすくはない。ホテルはこじんまりとした、外観の可愛い(表現がお粗末だが)ホテルである。
チェックインは非常にフレンドリーで部屋はモダンで広い。プール、サウナも無料とのことで、良さそうなホテルである。ここが既にカードから引き落としがあったホテルなんだけどね。

IMGP0133.jpg


さて、ガイドブック片手に4時を過ぎると既に薄暗い街に出る。市庁舎前広場は一目瞭然。クリスマスマーケットである。狭い路地を入り、地元シュバーベン料理の店へ。民族衣装(?)を着たウェイトレスに英語のメニューを頼む。ドイツ語のと値段は変わらない(^-^)。ベーシックなヤツをとリクエストしビールを取り、レバー団子の入ったスープ、チーズが絡まったパスタ(スパゲッティ形状ではないやつ)を食す。パスタは量が多く、塩味が少々きつかったので全部食べられない。
フランス人一家と一人の男性が利用しているだけの小さな室内プールで一泳ぎし、サウナに入って部屋に戻る。ウルムの塔に登ったあたりで喉の痛みが少々治まり、調子回復気味。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/66-444fc9ff

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。