ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠路はるばる?

枕詞、ではないけれど。。。
出張中、気付けばベッドの右側がいつも空いている不思議。

さて、日本時間昼前に成田を発ちロンドンに来ています。

幸いBBモバイルポイントを成田空港でも見つけたので、ゲート近くで仕事ができちゃいます。こちら↓は3Gでつないでますけど。

IMG_0026.png

white seaと言う海があるのは知りませんでした。でも名前の通り?の見えがかりですね。北欧あたりです。

IMG_0213.jpg

IMG_0219.jpg

到着したのは、THE ELVETHAMというホテル。とっても田舎です。

IMG_0029.png

とてもイギリスっぽい建物なので、別に写真アップしますね。

しょっちゅう出張する身だけれど、短いフライトばかりだ。しかし今回は久しぶりに長いフライト、そしてずっと昼である。ひたすら起きていて、本を読み映画を見、スナックを挟んで2度の食事をこなす(^-^;;いつも通りエコノミークラスだけれど、B777-300は座席は狭いけれどまあまあ快適である。ANAの長距離は初めてだが食事も含めてサービスは良い。

今回は「優雅なハリネズミ」という本を持ってきた。ずいぶん前に銀座教文館で買ったのだ。読み始めてパリが舞台なのもヨーロッパに向かうにふさわしいと思った。素敵な本だと思う。帰りに続きを読むのが楽しみだ。書き留めておきたいフレーズが次々と出てくる。大人になったらすべてが分かるようになる。と大人は子供に嘘を言っている。という意味合いの行などは思わず吹き出してしまった。

おくりびと、レッドクリフ、ウォーリーを観た。それぞれ良い映画だと思った。納棺師は一般(?)の日本人にも馴染みがないし、あそこまで荘厳、崇高な様は実在を疑う。日本人以外にどう理解されるのだろう、、と思ったが、同僚に観た人がいて概ね私の見方と同じだったのには驚いた。広末涼子の役どころ?演技?にはかなりの違和感を感じたところも同じだった。ところで、映画のタイトルだが、英語のDeparturesの方が映画にマッチしていないだろうか?

レッドクリフ。大作だが、どことなくハリウッド(アメリカ)とは違う。東洋的な落ち着きをもってスローダウンするところがあるなど、好感が持てる。金城武は主役じゃないですか。次作があるからだろうが、若干冗長な感じがするのも致し方ないか。

ウォーリーはシンプルで、直截的だ。描かれている人はみんな現在のアメリカ人とそんなに変わらないじゃん。

3月31日現地時間もうすぐ朝の7時。日本時間は午後の3時。なんと今週から夏時間である!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/785-4d0ba7eb

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。