ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸和田だんじり祭 - 1

カッチャに触発されたのだけれど、祭りの雰囲気、音、動き、それぞれが五感以上の何かに訴える力に溢れていることに気付いた。なにより理屈抜きに楽しい!勿論、参加するに越したことはないのだが、観ていても十二分に楽しめるのだ。そして、被写体としても美しいので、特に私の根っこにある屋台、山車(だし)、地車(だんじり)、曳山(ひきやま)の祭りを中心に追いかけてみたいと思った。
皮切りは全国的にも有名な岸和田だんじり祭である。朝早く横浜を発ち、なんとか宮入に間に合った。

絶好の祭り日和。雲一つない青空の下、暑いくらいの陽射しが降り注ぐ。宮入用の装いの地車。

_920528620090922113230.jpg

どんな祭りも人が主役である。美しく染め抜かれた法被。

_920529120090922113702.jpg


ねじり鉢巻も美しい。

_920529220090922113721.jpg

宮入が済むと曳き回しが始まる。若衆の晴れ姿。

_920530220090922114024.jpg

岸和田城を背景に、宮入を待つ地車。

_920530820090922114259.jpg

待つ人々

_920529720090922114816.jpg


大人も

_920530620090922114505.jpg


子供も、真剣だ。

_920530920090922114524.jpg

地車に施された美しい彫り物。

_920532620090922115243.jpg

笛、鉦、太鼓、大太鼓で奏でるお囃子は、場面場面で違うリズムを刻み出す。

_920532720090922115538.jpg

_920532820090922115555.jpg

宮入りのしんがり。

P920032420090922120144.jpg



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/873-cea196c5

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。