ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りのハシゴ - ちょっと無謀

一つのテーマになりつつある「祭り」それも屋台の祭りである。今週末はなんとかやりくりして「西条祭り」に出掛けたいところであったが、これは来年以降の楽しみとなった。
調べると今週末も祭りは全国で盛んに催されている。気になったのは二輪屋台の祭り2つ。共に遠州の祭りだ。この二輪屋台。馴染みのない人も多いかも知れないが、中遠、東遠地域では一般的な形式である。かくいう私のお袋の実家がある磐田にもこのタイプはあるのである。但し、川(天竜川)ひとつ隔てて浜松に来るとお目にかかれない。以下に写真も掲載するが、イメージして戴くのは牛車、御所車といったところ。

今週末この二輪屋台が登場するお祭りは「袋井祭り」と「掛川大祭り」である。妹の嫁ぎ先が袋井だから義理を立てた訳ではないが、日曜の朝、渋滞の中袋井に先に出向き、車も駅前にとめた。午後一時過ぎに着いたのだが、全国津々浦々同じ悩みに苛まれているところが多いが、ここ袋井も駅前が寂しい。。辛うじて笛の音、太鼓の音が聞こえるので祭りが開かれているのは分かる。袋井を先に訪れたことが選択ミスだったと後ほど露呈する。。

他の屋台同様彫り物とか見るべき所も多いが、この二輪屋台は何と言っても車輪ではないか。漆で鏡の如き表面の美しさよ。

_A11566720091012190511.jpg

すこしづつ勿体ぶって紹介している。。

_A11567020091012190609.jpg

ここ袋井の祭りは、少なくとも昼間はどこかに集合するという動きは無さそうである。そして、残念なことに駅近くにも祭りの案内所やら、案内パンフレットなどは用意されていないのだ。屋台も各町内を回っている様でもあり、何とはなしにうら寂しい気持ちになってきてしまいそうなので、東海道線で二駅東の掛川に移動する。

駅前の賑わいはこちらの方がある様だが、びっくりする程の違いはなかろう。しかし、祭りとしては遥かにこちらが元気である。案内所がある、パンフレットがある、露店も沢山、そして何より人が沢山いる!お祭り広場もあり、場所によっては人込みで身動きが取れない位だ。3年に一度の大祭りの年にあたったのも大きいのだろう。

_A11567620091012190648.jpg

少々お疲れの奴さん。この祭りの特徴は、各町に出し物があること。お祭り広場などでその出し物=余興を披露する。勇壮さよりも優雅さが重要視されている様だ。

_A11567920091012190709.jpg

漸く二輪屋台の全体像をご覧戴く。バックは名君の誉れ高い山内一豊の居城であった掛川城。勿論復元されたものだが、総木造で復元された珍しいものだ。

_A11569420091012190733.jpg

二輪であるから四輪のものよりは勿論小振りである。バランスを取るのも難しいから荒々しく曳き回すことは出来ない代わりに、一風変わった曳き回し方をする。上下に揺らしながら左右に蛇行して進むのだ。お囃子も雅なものだ。

小振りな屋台。でも見上げると高い。

_A11569620091012190800.jpg

取り敢えず、お城を押さえとかないとね。

_A11569920091012190817.jpg

屋台とお城。

_A11570120091012190839.jpg

*Comment

今年は帰れなかった~ 

毎年可能な限り10月の磐田のお祭りには帰ろうと思ってるのだけど、今年は帰れなかったよー。
母から電話があって帰るかね?と聞かれて、帰るといえなかったのがすごく悲しかったです。
磐田の八幡さまのお祭りの屋台は二輪のがあって、うちの中町のは二輪です! 練りが縦横無尽というか激しい動きなんですよね、四輪だとあまり動かなくて盛り上がらないね。職人さんが竜洋町だったかな、にいるらしいんだけど、最近つくるのは四輪みたい。磐田といえば見付のはだか祭りが有名で八幡さまはこじんまり。屋台もそんなに立派でないし、演出もほとんどないです。どうしてお祭りが2つあるんだろうなあといつも思います。でも私の町のお祭りは八幡さまのお祭りで、小さい頃の思い出とかあるからやっぱり懐かしいな。子供の頃は女の子の屋台があって地元民でないので飛び入りで「東京音頭」踊りました。幼稚園でも踊ってたので知っていたのだった。東京オリンピックの年ですね。
掛川のお祭りはすごいんだね。あそこ(掛川)は何かあるなーと思ってるんだけど、山内一豊のおかげなのかととても謎です。掛川城は日本で唯一、民間のお金だけで復元されたお城で、前に市役所に掛川城についてお話を聞きにいったことがあります。掛川城復元のお金は地元の企業と、寄付金と、大きいのが東京の新宿あたりの土地持ちの女性が掛川のお寺で修行?していて身寄りがなかったので遺産をすべて掛川城建築に寄付したのだそうです。掛川に新幹線の駅をつくろうというのも民間から盛り上がって実現したそうなのだけど、お金を持ち寄って何かをするという風土があるそう。それはどこからきたのでしょう?と市役所の人に聞いたら「もしかすると報徳の教えですかねぇ」とお答えがあった。そうなのかなー。私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、いずれ自らに還元されると説く二宮尊徳の教え。掛川に教会があるんですよね。掛川には「ねむの木学園」もあってここも案内していただいたのだけど、とても素敵な施設で白い壁に子供たちが描いた絵が映えてとてもきれい。私もこの学園に入りたい~と思いました。
来年は磐田のお祭りに絶対帰るぞ!
  • posted by レイコ 
  • URL 
  • 2009.10/16 00:26分 
  • [Edit]

レイコさん 

故郷、実家と言ってもたかが高校卒業までしか過ごしていないのだな、と色々な場面で気づかされます。掛川のことも知りませんでしたね。町作りに力を入れているのはほんの短い滞在時間でもそこここに感じました。それに引き替え袋井は、、、、、

私も実家のある町の祭りに帰ったのは今年が何年かぶりでしたが、良いモノでした。レイコさんも帰りましょう!
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2009.10/16 09:42分 
  • [Edit]

輪っぱ 

車輪(輪っぱ)ですね。
台が7つあるから、大七車です。
大八車は8つありやす。
  • posted by JML 
  • URL 
  • 2009.10/18 20:37分 
  • [Edit]

JMLさん 

大七車ですか、知りませんでした。
それとは知らず、綺麗に七つ写ってますね!
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2009.10/18 21:26分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/883-171d2a77

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。