ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金原明善のこと - 水神

金原明善-きんぱらめいぜん と読む。皆さんはこの人のことはご存知だろうか。浜松出身者はほぼ100%知っていると思う(確認したことはない)。

bks0910040838006-p1.jpg

今回帚木蓬生「水神」を読んでいるうち念頭に浮かんだのが、金原明善のことであった。

水神は、江戸時代の九州久留米藩を流れる筑後川近くの江南原という地域を舞台とする物語。先に読んだインターセックスをイメージすると混乱に陥る。筑後川以外の2つの川と併せて3つの川に囲まれていながら、台地となっている為遥か昔から水不足に悩んで来た皮肉な土地で暮らす百姓、庄屋が主役。勿論、徳のある商人、志ある侍も登場するが、あくまで主役は地に根ざした人々である。

真偽の程は確かめたこともないが、私の父方の祖母は名主(勿論!?没落した)の出であると小さい頃聞いたことがある。名主(=庄屋)の娘がばあさんなのに、なんでビンボーなのかと不思議に思った。なぜなら、この水神に出てくる庄屋とは違うイメージを私は庄屋という階級(?)に抱いていたのだ。村落にありながら体制(役人)寄り、百姓をどちらかと言えば虐げ自らは一段も二段も上の暮らしをする人々。それが私の中の庄屋のイメージであった。

小説を読み進めるに従い、私のイメージに近い庄屋もいる一方、民のことを考え自ら百姓のために尽くす庄屋もいることに気付く。この制度が長く続いたことからも、後者の方が多かった可能性は高い。武家社会が舞台であり、自らの村に限ってさえいかな庄屋でも一存では何も出来ない。百姓の為になり、ひいては藩のためになる様な改革であってもだ。今でも似た様なところがあるから苦笑を禁じ得ないが、それでも実現に向けての道程の険しさは封建社会の比では無い。

上記の様な土地であるから、大河が目と鼻の先にありながら稲作をはじめとする農作業に必須の水の獲得は全て天に任せるのみ。唯一村からニ名体躯に優れたものが選ばれ「一生」続けるのが打桶と呼ばれる作業。毎日堤に立ち、遥か下を流れる筑後川に桶を投げ入れ汲上げて、村に通じる水路に流す。気の遠くなる様な作業を続けるのだ。それでも人間二人で出来ることと言ったらたかが知れている。荒ぶる自然に対する弱々しい抵抗に過ぎない。

堰を造り用水路を張り巡らせる計画を藩に嘆願することを実行に移そうとする庄屋が現れる。賛同し共同で不退転の決意を見せる都合五つの庄屋。理解を示す老郡下奉行。さて、反対するものが無ければ残念ながら小説にはならない。五庄屋を上回る数の庄屋、村が反対に回る。堰が出来れば自らの益になることは分かりながら反対する。古の頃から現代に至るまで人間は進歩していないことの証だ。色々な理由をつけては「変わること」を拒絶するのだ。

退路を断つ様に、全ての責を負うことを誓い、身代を投げ打ち文字通り命を賭すことを覚悟する五庄屋。工事が始まると藩の免責と見せしめの為に磔台が五本早々に立てられるのだ。

胸に迫る場面は満載である。電車で読んでいてこみ上げて来るもので困ったことも一度や二度ではない。登場人物と気持ちを共有出来ること請け合いである。

さて、この物語が史実に基づいたものかどうかは知らないが、私が読み進むうちに思い浮かべる様になった前述の金原明善は実在の人物だ。小学生の頃学校で、記憶が正しければ「のびゆく浜松」という教材でその功績を学んだのだが、哀しいくらい薄っぺらな記憶しか残っていない。遠州浜松の人で、江戸時代から明治時代にかけて活躍した人である。こちらも私財を投げ打ち暴れ天竜と呼ばれた天竜川の治水に務め、農業用水を地域に張り巡らせた。実家のある町にも彼の手による農業用水が今でも残り活躍している。ここまでが私の記憶である。少しネットで検索すると驚く程多くの情報が出て来た。意外だったのが、というか考えれば当たり前なことなのかも知れないが、彼も庄屋の出なのであった。百姓とともにあり、大洪水に見舞われた村々を目の当たりにして決意したようである。改めて彼のことを調べてみたいと思った次第である。

*Comment

金原さんといえば 

家は母系で父もおじいちゃんも養子なのですが、おじいちゃんの実家が金原さんです。耳の底に金原の祖先は千葉だか銚子の漁師だったけど天竜川に移り住んで農地を開拓したと書置きがあるというコトバが残ってるのだけど、両親に言っても知らんというしどこで聞いたやら?遊びにいった時、病の床にあった誰だろう?爺さまが言ったような?? 定かではないのだけど、銚子から船に乗って風呂敷包み抱えてやってきたとしたらめちゃくちゃ愉快だなあと思って。金原さんって苗字は金原明善のまねしてもらったのかね。苗字は同じだけど水飲み百姓だったと思います、ワハハ(笑)。IZMY家は庄屋さんだったんですよね素敵ですね、庄屋さんってどんな? 前にYAZさんの話聞いたら餅つき歌の話やら楽しかったよ。
天竜川の周りは昔は沼のようで作物なんかとれなかったとか聞いた。
金原つながり?で、金原明善のことなんかわかったら聞かせてくらさ~い。
  • posted by レイコ 
  • URL 
  • 2009.10/21 01:22分 
  • [Edit]

図書館 

「金原明善の一生」という本を横浜市の図書館で予約していました。用意できました、という連絡が入りましたので、取りに行こうと思っています。楽しみ。
金原を「きんぱら」とは普通読まないみたいですね。変換もできないし、、
  • posted by izmy 
  • URL 
  • 2009.10/21 15:26分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/893-5703295f

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。