ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミハス - MIJAS - 1

21日(木)。バリバリの観光地ミハスへ向かう。Estacion de Autobuses(バスステーション)から路線バスに揺られて出掛ける。

_121723820100122190016.jpg


マラガ発のバスに乗客は私一人。折角なので一番前の席に座って前方の景色を楽しもうと思った。すると、ほどなくバスの運ちゃんが話しかけて来る。

_1217239s.jpg _1217240s.jpg

朝日輝く地中海

_121725020100122190058.jpg

私がカメラを持っているのがきっかけで、自分も写真を撮るのが趣味なんだと言う。何でも撮るけれどマクロを使っていろいろ考えながら撮るのが好きなんだそうだ。さて、私はスペイン語が話せたでしょうか?答えはNo。運ちゃんとは英語で会話。かなりの時間バス停には停まれど乗客は無いのでずーっと話し続ける事に(結局お客さんが大勢乗って来てからも話は途切れなかったんだけれど^-^;)。全く予想外の展開だ。一体路線バスの運ちゃんとタクシー感覚で話すなんてことありますか!?マラガは初めてか、今日はいい天気だからミハスではいい写真が撮れるだろう、という話から始まり、観光バスやらの仕事で日本人、日本には凄くいい印象を持っていて、知り合いが短期間日本に滞在後帰国して話を聞いてもっと好きになったそうだ。実際日本を訪れるのが自分の夢なんだそうだ。休暇には奥さんの家族のいるスイスに行く事が多いそう。スイスも写真を撮るには申し分のない場所だから好きだそうだ。さて、明日はどこかお勧めの場所はないか、と訪ねると幾つか候補を挙げてくれた。面白いのはロンダという町だそうで、正に私も候補に挙げている町だ。しかし、なんとバスの運転手自身!がバスで行くのは推奨しないと言うのである。自分で運転するのならまだしも、時間は片道2時間ほどらしいが、winding road;-pは例えようも無い位キツいのだそうだ。これでロンダに行くのは止めにした。代わりにネルハ、フリフィリアーナの二つを訪れることを勧められた。とても美しいし、午前にネルハ、午後にフリフィリアーナを訪れればきっといい写真が撮れるという。美味しいワインも楽しめるそうだ。これで決まり。なんと、ミハスへ向かうバスが観光案内所になってしまったのである。余程縁があったのか、マラガへ帰るバスも同じ運転手さんでした;-)

これはミハスに着いてバスを降りたところ。

_121725320100122190125.jpg

さて、ミハス。予想に違わず綺麗な町だったが、何となく俗っぽい感じ。絶好の天気だったので白壁の町は眩しい位であった。それよりも眼下に広がる地中海の雄大で美しい事。

俗っぽい、でしょ?

_121725720100122190150.jpg

ただアンダルシアの強い陽射しと白い壁はよく似合う。ボクが似合うかどうかは知らない。。

_1217291s.jpg _1217292s.jpg

ところで余談。日本では今回私が延々路線バスの運ちゃんと会話するなど、想像も出来ませんが。スペインの緩~くていいところは、運ちゃんが好きなFMを車内スピーカに流しているなんてことや、運ちゃんの携帯が鳴って、あろうことかバスを路肩に寄せて会話を始めるなんてことまで。。乗客が一人や二人の状態じゃないんだよ(^-^;;;

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/954-c1fa12f3

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。