ITSME

ちょいユル オヤジ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WILL - 本の糖度

本に糖度というものがあったら、かなり高いかな。
もう「とっても甘~~~っい!」でコピーライターが見たら泣きたくなる位ベタに甘い。
後味はそんなに悪くない甘さなんだ。それが救いか。

主人公森野は高校生の時、不慮の事故で両親を同時に亡くし、家業である町の葬儀屋を継いでいる。非常に情に厚く、正義感の強い女社長(=女店主)だ。そんな葬儀屋が実在するのか疑わしいが、そこは小説である。執事の様な味わいの脇役竹井がいいな。

最後の最後に森野の下の名前が明らかになるのだが、読んでるこっちが赤面する。

32318634.jpg

ただね、筆者は女性だとばかり思っていたんだが、外れた。笑わないでね。筆者の名前すら記憶せず、タイトルと装丁だけが気に入ってnetから図書館に予約を入れて入手した次第。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://izmy.blog6.fc2.com/tb.php/981-a52409f7

左サイドMenu

profile

izmy

  • Author:izmy
  • banner2s.jpg
    コメント戴けると励みになります!?

calendar

recent entries

pull-down list

amazon

ブログ村

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

access counter

map

Twitter on FC2

右サイドメニュー

search in this blog

caccia follows your mouse and

PopUp WikipediaⅡ enabled

Wikipedia

kinopono


archive by month

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。